LED技術を採用した最新型ヘッドライトは、車両の耐用年数に匹敵する耐久性を備えています。そのため、ライトを交換する必要がありません。このような耐用年数の長期化を可能にするためには、ライトを効果的に保護し、水分を全て排除しなければなりません。したがって、ポリプロピレン(PP)製やポリカーボネート(PC)製のヘッドライトやテールライトを接合する場合には、優れたシーリング特性を備え、厳しい温度環境などでも安定した接着が可能な接着剤を使用する必要があります。

Openair-Plasma®を用いた高精度の局所前処理を施すことにより、あらゆる重要部位の無極性材料を活性化し、ヘッドライトを確実に接合するとともに、長期間密封します。

ヘッドライトのOpenair-Plasma®前処理は、プラズマ技術の工業用途の中でも最も成功を収めた応用技術の一つです。現在では、この技術を用いることなく、ヘッドライトの製造を行うことは考えられません。ヘッドライトの大手製造業者は、全てプラズマトリート社のOpenair-Plasma®技術を利用しています。

Openair-Plasma®での前処理プロセスのメリット:

  • 処理表面に熱ダメージを与えず、効率的に均質な表面活性化を実現
  • 筐体への変形やダメージがない
  • 接着性強化により接着剤を減量可能、コストダウンにも繋がる
  • 接合面全体を前処理(溝の底面・壁面を含む)
  • 金属化プラスチック表面も均質に活性化

HELLA Australia Pty Ltd.

Openair-Plasma®による品質保証

1995年、ドイツで行われた自動車用ヘッドランプ筐体の生産ラインに、 Openair-Plasma®技術が始めて採用されました。現在、この技術は確立された応用技術として、世界中で利用されています。HELLA社(オーストラリア)では、プラズマ加工プロセスの安全性の高さを非常に高く評価しています。

ストーリーを読む

/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer, /Tags/Automobilbau, /Tags/Automobilbau/Scheinwerfer

関連記事

PlasmaPlus®:
プラズマが品質の尺度を刷新する

WOMAG (6/2019)
ドキュメントを開く

POLYMER COMPOSITES 2019 –
プラズマが自動車製造業界での接着プロセスを最適化する

POLYMER COMPOSITES 2019
ドキュメントを開く

的確な位置へ環境にも優しく – 大気圧プラズマによる腐食防止

WOMAG (3/2019)
ドキュメントを開く

お問合せ

皆様からのご連絡をお待ちしております。

ご質問やご相談がございましたら、ぜひご連絡ください。世界中のプラズマトリート専門家とともにソリューションをご提供致します。 お問合せ方法は担当者へご連絡、もしくはお問合せフォームをご利用ください。